物の再利用とリサイクルはどう違う?

再利用とリサイクルは同じ?意味の違いをしっかり把握

「再利用」に一番近いリユース

物をそのまま使うリユース

リユースを漢字で表記するなら「再使用」で、これはほぼ「再利用」と同じ意味です。
たとえば、酒屋や牛乳屋が使用済みのビンを洗って再び使ったり、シャンプーの詰め替えパックを買ってボトルに移しかえることが挙げられます。
不用品を必要な人に譲ることも、リユースと言えます。
俗に言う「リサイクルショップ」は物をそのまま中古品として売っているため、厳密に言えば「リユースショップ」が正しいということになります。

リサイクルでは、不用品を資源にまで戻して再製品化しますが、リユースでは物をその製品のまま使います。
不用品を一度ごみに出すリサイクルとは違い、不用品でもごみにせず、繰り返し使うのが特徴です。
使い捨てないことで環境に配慮する取り組みです。

リユースの利点・欠点

リユースにはメリットがたくさんあります。
まず、物をごみとして排出しないため、ごみの分別・回収の必要がありません。
当然、リサイクル施設での資源化も行わないため、少ないコストで環境に配慮することができます。

一方で、リユースできる物には限りがあります。
リサイクルショップやフリーマーケットで売るには、需要がなければなりません。
タダで人に譲るにしても同じです。
汚れていたり、破損していたり、人が欲しがらないようなものは、他人の手に渡ったとしてもそこでごみになるだけです。

また、詰め替えボトルなどは数回リユースするなら問題ありませんが、長期間使用するためには衛生管理に気を遣わなければなりません。
カビや雑菌が生えないよう、注意して再利用する必要があります。